PDF 変換・作成ソフト CubePDF

2,300万ダウンロード突破!定番PDF変換ソフト

GitHub
CubePDF は、Web ブラウザや Microsoft Office (Word, Excel, PowerPoint) などの様々なアプリケーションから、必要な時にすばやく PDF に変換できる仮想プリンター形式の PDF 変換・作成ソフトです。 印刷感覚で変換できるので操作に戸惑う事もなく、印刷可能なあらゆるファイルを PDF に変換することができます。 CubePDF は個人・法人を問わず誰でも自由に利用する事ができます。是非、今すぐお試しください。

Cube シリーズ有償版のご案内

CubePDF シリーズや CubeICE を始めとした弊社製品をより安心して導入いただけるように、 広告(バンドル)を完全除去したインストーラーも有償にてご提供しています。 有償版では継続的に利用できるようにサポート体制も明確化しています。 その他、無償版におけるバンドル方針も併せて明記していますので、是非このお知らせをクリックしてご確認ください。

新着情報
CubePDF 3.4.1 をリリースしました (2024-04-01)
重 要
Surface Pro 11 等の ARM 版 Windows へのインストール方法について
その他
CubeWidget (Cube ニュース) 等のバンドル方針やアンインストール方法について
その他
CubePDF ユーザーマニュアル (ドキュメント)

あらゆるファイルを PDF に変換

CubePDF は、Windows の印刷機能を利用した仮想プリンター形式の PDF 変換・作成ソフトです。 それぞれのアプリケーションで印刷ボタンを押す際に CubePDF プリンタを選択することによって、 紙に印刷する代わりに PDF に変換されます。 印刷可能でさえあれば、変換元のファイル形式は問いません。 また、PNG や JPEG などの画像ファイルにも変換することができます。

CubePDF の利用イメージ

便利なオプション

CubePDF は、変換した PDF ファイルに対して様々なオプションが用意されています。 変換時に既存の PDF ファイルの先頭や末尾に結合する機能の他、 Web 表示用に最適化、埋め込み画像の JPEG 圧縮、カラー画像のグレースケール化やモノクロ化など用途に応じて柔軟に変更する事ができます。

安全性を重視

CubePDF は、変換した PDF ファイルに対してパスワード設定を始め、印刷やコピーの禁止設定などの様々なセキュリティ設定を柔軟に設定する事ができます。 また、印刷元ファイルに設定されていたタイトルや作成者等の文書プロパティを全て消去する事で、意図せぬ情報漏洩を防止するなど安全性を重視して設計されています。

画像変換もOK

CubePDF は、画像ファイルへの変換も PDF ファイルへの変換と同様の方法で、印刷感覚で簡単に行うことができます。 画像変換に関しては、JPEG (JPG)、PNG、BMP、TIFF (TIF) と言った使用頻度の高い画像ファイル形式に対応しています。

日本語への対応

CubePDF に対するユーザーからの高評価の一つに「日本語への対応がしっかりしている」と言うものがあります。 ファイル名の文字化けなど、同種の海外製品が対応しきれていない部分についても丁寧に対策されています。

無料で利用可能

CubePDF は個人・法人を問わず誰でも自由に利用する事ができ、商用利用を含め、利用用途の制限もありません。 スタンドアローンなアプリケーションのためネットワーク接続を必要せず、利用に際して、ユーザ情報の登録を要求される事もありません。 また、オープンソースソフトウェア (OSS) として開発されているため GitHub からソースコードを取得する事もできます

2,300 万ダウンロード突破!定番 PDF 変換ソフト

CubePDF は、Windows 用のフリーソフトとして配布しています。 2010 年 7 月のリリース以降、日々改良を重ねており、おかげさまで優良・安定のソフトウェアとして、 大手メディアに多数の紹介記事が記載されています。また、2010 年には 窓の杜大賞 で銀賞も受賞しました。

動作環境

Microsoft によるサポート期間中の Windows (x86/x64/arm64)
.NET Framework 3.5 以降 が必要となります(4.7 以降を強く推奨)。 また、Arm64 版は .NET 6.0 が必要となります。

もっと自由にカスタマイズするための CubeVP

  1. 任意のアプリケーションから「印刷」を実行
  2. 仮想プリンターによる処理
  3. CubePDF メインプログラムを実行

CubePDF の概要

  1. 任意のアプリケーションから「印刷」を実行
  2. 仮想プリンターによる処理
  3. あらかじめ指定したユーザープログラムを実行

CubeVP の概要

CubeVP は、 CubePDF メイン画面 (GUI) を非表示にする事による変換処理の自動化を始め、 用途に応じて CubePDF を自由にカスタマイズするための仮想プリンター構築システムです。 CubeVP は、個人用途であれば無償で利用可能で、開発をサポートするための CubePDF SDK や チュートリアル なども併せて公開しています。(※ CubeVP は、CubePDF とは別のソフトウェアです。詳細については、 専用ページ でご確認下さい。)